【百麺 中目黒店】ナカメといえば極楽汁麺!家系?博多とんこつ?とにかく美味い【中目黒 ラーメン】

中目黒 百麺 看板 ラーメン
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!
中目黒を世界一愛する「中目黒情報サイト」編集長のたいよーです。

今回は中目黒の人気ラーメン屋「百麺 中目黒店」をご紹介していきます!

百麺 中目黒店ってどんなお店?

百麺は中目黒の地で2007年にオープンしました。

本店は世田谷区の桜にあり、板橋の中山道店と全3店舗。

ちなみに読み方は「ぱいめん」です。
※筆者最初は「ひゃくめん」「ひゃくめん」って言ってました(笑)

山手通り沿いにあり、とにかく看板も目立つお店です。

中目黒でラーメンといえばこの「百麺」を思い浮かべる方も多いと思います。

百麺 中目黒店の行き方

中目黒駅を北側(ロータリーと逆側)に出て、山手通りを3分ほど歩くと右手にあります。

とにかくインパクトのある看板なので、わかりやすい。

中目黒 百麺 外観
極楽汁麺とは・・

入口も左右にあり、ガラス貼りなので店内もよく見えます。

店内(座席数・雰囲気)

大きなコの字型のカウンター全21席。

厨房も広く、常に2名以上の方が調理されています。

家族連れ・カップル・一人 どんなシチュエーションでもOK

注意点は椅子です。床に打ち込まれている動かないタイプかと思いきや動くので要注意!

百麺 中目黒店のメニュー

中目黒 百麺 メニュー
1番人気は太麺4点盛です。
中目黒 百麺 メニュー
太麺・細麺が選べる珍しいタイプ
中目黒 百麺 食券機

メニューはこんな感じ

入口に食券機があります。

食べたもの

太麺 700円 味玉トッピング 100円

中目黒 百麺 太麺

今回はオーソドックスな太麺をチョイス。細麺より太麺のが人気なようで、筆者は太麺しか食べたことありません。

ここ百麺さんのポイントは
スープの香りは九州博多とんこつ
ヴィジュアルは横浜家系
という不思議。

だから太麺と極細麺が選べるのかな?

中目黒 百麺 汁 スープ
油の浮き方が最高です

スープをすすってみると、まさに博多とんこつと家系を足して2で割った感じ!

パンチあるガツン系です。

中目黒 百麺 麺

そしてこの家系風の太麺をすすると、スープがめっちゃ絡みます!

味玉もトロトロで美味しいです。

中目黒 百麺 卓上調味料

味変は珍しい「揚げニンニク」

中目黒 百麺 味変

きざみニンニクと違って香ばしく歯ごたえもあってめちゃ美味い!

これはおすすめです。

ねぎご飯 300円

中目黒 百麺 ねぎご飯

ご飯ものは
・チャーシューご飯
・ねぎご飯
・明太子ご飯
の3種類。

全部美味しいのですが、ねぎ好きの方はこの「ねぎご飯」がオススメ。

京都の香り豊かな九条ねぎをふんだんに使い、ほぐした濃い味チャーシューがのってます。

ねぎご飯がここのラーメンによく合うんです。

瓶ビール 520円

中目黒 百麺 アサヒスーパードライ

アサヒスーパードライ
(キリンかアサヒを選べます)

とんこつ醤油ラーメンにねぎご飯 ここにアサヒスーパードライの辛口ビールが絶妙にマッチ!

百麺 中目黒店のテイクアウト情報

中目黒 百麺 テイクアウト

新型コロナウイルスの影響で、ここ百麺 中目黒店でもテイクアウト(お持ち帰り)が出来ます!

「器」持ち込みで割引サービス。餃子やご飯ものもいけるそうです。
冷凍で替玉付きというのも気になります。

百麺 中目黒店の感想

中目黒で一番目立つともいえるラーメン屋さん「百麺(パイメン)」

家系風のヴィジュアルに博多風の香り、ここでしか食べれないラーメンにお客さんは絶えません。

百麺を食べないと中目ラーメンは語れない。

名店だらけの中目黒!!
大好き!!

現場からは以上ですっ(‘◇’)ゞ

店名百麺 中目黒店
住所東京都目黒区青葉台1-30-6 1F
アクセス中目黒駅から徒歩3分
TEL03-3794-5481
営業時間11:30~翌2:00
定休日無休
公式サイトhttps://www.m-s-co.jp/paimen/

中目黒ラーメン屋さんまとめ記事もオススメ!これを見れば中目黒ラーメンの全てがわかる!

タイトルとURLをコピーしました